生活習慣と勃起不全
快生薬研 > 生活習慣と勃起不全

20・30代の頃に比べると体力が落ちたなと思う場面は、40・50代の方なら多くあるでしょう。

それは夜の生活においても、そうではないでしょうか?

回数を重ねる事が難しくなったり、勃起がしにくくなったり、などの体力低下を感じる場面があることでしょう。

ですが、それは本当に体力の低下によるものなのでしょうか?

今、生活習慣が原因とされる勃起不全に悩まれている方が増えているそうです。

一見すると、勃起と生活習慣の因果関係は無いように思われますが、実は大きな関連があるのです。

代表的な生活習慣病は、高血圧症や糖尿病、高コレステロール血症ですが、特に高血圧症、糖尿病の方は性機能の低下=勃起不全を訴える方が多いように見受けられます。

勃起には、血管の拡張と血流が大きな役割を果たしますが、それには血管を拡張させる一酸化窒素の存在が必要となります。

性的興奮によって神経から勃起指令が出され、この時に一酸化窒素が分泌されるのです。

これにより、ペニスの筋肉と血管が緩み、拡張した血管に血液が流れ込み勃起をするのです。

ところが、生活習慣病のほとんどは体内の一酸化炭素が減少し、動脈が硬化することによって起こります。

そして、動脈が硬化することによって血流が阻害される血流障害は、勃起不全にも影響が現れるのであります。

さらに、生活習慣病が勃起不全の原因となる理由には、内臓脂肪が産み出す活性酸素の影響もあります。

この活性酸素が増えすぎると体内に残留し、酸化ストレスを引き起こします。

酸化ストレスが高まると、血管や神経、筋肉の細胞が傷みやすくなり、血管内皮から出る一酸化窒素の量が減り、動脈が硬くなり、血管の拡張と血流が悪くなり勃起不全になって表れてしまうのです。

このようにして、勃起不全と生活習慣には因果関係があることがわかって頂けたことでしょう。

ですから、勃起不全でお悩みの方は、日頃の生活習慣を改める必要性があるのです。

また、今では勃起不全は様々な方法で改善をすることができます。

当社においても、医療機器を用いて勃起不全の改善に取り組んでいますので、お悩みの方はお話になってみてください。