ED治療薬と一緒に飲んではいけない薬
快生薬研 > ED治療薬と一緒に飲んではいけない薬

勃起したくても勃起できない男性の心強い味方であるED治療薬。
その効き目に助けられているという方は数多くいます。
男性はもちろんのこと、夫婦生活が豊かになったという女性もED治療薬に助けられているのではないでしょうか?
しかし、ED治療薬は医薬品であり、他の医薬品との飲み合わせをきちんと考えないと、思わぬ副作用を招くおそれがあります。
ここでは、ED治療薬と一緒に飲んではいけない薬を紹介していきます。

ニトログリセリンなどの硝酸剤

飲み合わせに気をつけなければならない薬はいくつかありますが、特に注意が必要なのがニトログリセリンなどの硝酸剤です。
狭心症や心筋梗塞の発症を抑えるために必要なニトログリセリンなどの硝酸剤。
この硝酸剤は心臓の冠状動脈を拡張させて、心筋への血液の流れを活性化させる働きを持っています。
同時に、全身の動脈も拡張させて血圧を下げ、心臓の負担を小さくする作用も持ち合わせています。
これらの作用があるから狭心症や心筋梗塞などの心疾患の治療に使われるのですが、ED治療薬と併用すると血圧が下がり過ぎて、命に関わることがあります。

塩酸アミオダロン

塩酸アミオダロンは、ニトログリセリンなどの硝酸剤と同じく、循環器系疾患の治療に用いられる薬です。
ED治療薬と塩酸アミオダロンを一緒に飲んでしまうと、QT延長作用という心電図異常として現れる脈拍の乱れを起こす可能性があります。
失神発作や命に関わることがあるので、一緒に飲んではいけません。

これらの薬を処方されている方にED治療薬を処方することはできません。
また、重度の肝障害がある方、脳梗塞・脳出血や心筋梗塞の既往症が最近6カ月以内にある方、心血管系障害を有するなど、性行為が不適当と考えられる方などにも処方することができません。
上記に該当するEDの方々、ED治療薬を使えないことで落胆するかもしれませんが、夜の生活を諦めるのにはまだ早いです。
当社の製品、VCD式カンキを使っていただけばよいのです。
VCD式カンキは服用薬ではないので、硝酸剤や塩酸アミオダロンを処方されているという方でも安心して使用することができます。